--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.3119:32

<参院予算委>鳩山首相「戦って発言、撤回せぬ」(毎日新聞)

 参院予算委員会は26日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し、09年度第2次補正予算案の総括質疑を始めた。鳩山首相は民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件で、検察と対決姿勢を示した小沢氏に対し「どうぞ戦ってください」と発言したことについて、「撤回するたぐいのものではない」と述べ、撤回しない考えを示した。舛添要一氏(自民)の質問に答えた。

 鳩山首相は発言について「小沢氏が身の潔白を証明したいと発言をされ、その心をよしとする意味だ。検察と私自身が戦うという意味ではない」と改めて釈明したうえで、「捜査中なので冷静に見守る立場だ」と強調した。

 また、舛添氏が企業・団体献金を廃止して政党助成金ですべて政治資金を賄う仕組み作りを求めたのに対し、鳩山首相は「国民には、政党助成金を増やすより政治への信頼回復が先だろうという議論もあると思う。容易ではないと思うが、各党各会派で議論していただきたい」と述べた。【野原大輔】

【関連ニュース】
鳩山首相:施政方針演説の概要判明 「命を守る」がテーマ
自民党:政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず
衆院予算委:2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意
マニフェスト:着手7割に 調整・修正は26項目に増加
10年度予算案:国会提出 官房長官「円滑な審議を」

<テレビ東京>岡崎市の訂正要求に反論(毎日新聞)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑-2億4千万円被害・警視庁(時事通信)
<五泉市長選>前副市長の伊藤勝美氏が初当選(毎日新聞)
「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側(産経新聞)
<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)
スポンサーサイト
2010.01.3003:24

「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り-対話求める被害者も・秋葉原事件(時事通信)

 「息子の人生を返せ」。7人が死亡、10人が負傷した秋葉原無差別殺傷事件から1年7カ月がたった。遺族の中には心の傷が癒えず、加藤智大被告(27)への変わらぬ怒りを口にする人もいる。一方で、被告と対話を求める被害者も現れた。28日の初公判を、遺族らはさまざまな思いで迎える。
 大学生の息子を亡くした父親(55)は、今でも事件当時のことをよく思い出す。大学病院で遺体と面会したこと、遺骨の前で家族が泣き崩れたこと…。「もっと勉強したり、友達と遊んだりしたかったろうに、突然人生を奪われた。そんなことをする権利があるのか」と憤りをあらわにする。
 加藤被告から受け取った謝罪の手紙への感想は複雑だ。犯行当時の記憶がないとしていることは許せないと思う一方、「死刑は当然だ」と書いたことに、「ようやく人間らしさが芽生えたのかもしれない」とも感じる。公判では遺族として意見陳述し、これまでの思いを直接ぶつける予定だ。
 一方、加藤被告に手紙を返したのは右脇腹を刺され重傷を負った元タクシー運転手湯浅洋さん(56)。「受け取った手紙の内容もまとまっているし、印象は普通の子だということ。どうしてあんな事件を起こしたのか、もっと知りたかった」と理由を説明する。
 便せん4枚に、刺された時の状況や事件への思いを書き、最後に「もっと君を見せてくれませんか」とつづった。「被告がどんな人物かが分かることが、再発防止の第一歩。公判が始まっても手紙を出し続けるつもりです」と話した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
元事務長、二審も無期=「追い詰められ犯行」
きょう元事務長の控訴審判決=一審無期、死刑適否が焦点

<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍(毎日新聞)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
「政治とカネ」2月集中審議へ…与野党合意(読売新聞)
笹川良一氏の孫名乗り5千万円詐欺容疑(読売新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
2010.01.2820:51

小沢氏進退「世論見て判断」=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は24日、政治資金規正法違反事件で東京地検の事情聴取を受けた小沢一郎民主党幹事長の進退に関し「事件そのものが、ある種の決着が付いてくる時点で、世論の動向や地元の支持者などを見ながら、けい眼を持って判断するということではないか」と語った。
 仙谷氏は「(事件に対する)感じやイメージだけで、政治的な観点からこうすべきだ、ああすべきだという話にはならない」とも述べ、事実関係に基づいて判断する必要性を強調した。徳島市内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
元選対幹部に懲役2年求刑=民主小林氏陣営選挙違反-札幌地裁(時事通信)
<神戸ポートタワー>改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)
<恐喝容疑>書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警(毎日新聞)
<渋谷暴動事件>29年ぶりに控訴審再開か(毎日新聞)
2010.01.2709:54

雑記帳 松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)

 米大リーグの松井秀喜選手(35)が20日、イメージキャラクターを務める大手重機メーカー・コマツの湘南工場(神奈川県平塚市)で、ハイブリッド型油圧ショベルを運転した。

【写真特集】高校野球から大リーガーまで 松井秀喜の軌跡

 建設機械では世界で初めて、車体旋回時のエネルギーを蓄電・利用するのが特徴という。ひざのけがで昨季は守備機会がなかった松井選手は「僕の体もこれほどなめらかに動いてくれればすばらしい」。

 新天地のエンゼルスで臨む今季。「この年になったら体のいろいろな部分を利用して打球を飛ばしたい」とハイブリッド打法を強調し、オフに「蓄電」したパワーで活躍を誓った。【渡辺明博】

【関連ニュース】
【写真特集】松井秀がMVP 大リーグ・ワールドシリーズ2009
大リーグ:松井秀が帰国 新天地エンゼルスへの期待語る
イチロー:「ピッチャー・イチロー」 今度こそ松井秀斬る!
大リーグ:松井秀に主軸を期待 大リーグ公式HPが特集

<陸山会土地購入>「小沢氏に調達相談」 石川議員供述(毎日新聞)
赤坂晃容疑者 覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)
<柏崎刈羽原発>6号機の営業運転を再開 7号機に続き(毎日新聞)
2010.01.2600:31

スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)

 東京都は21日、今春のスギ・ヒノキ花粉飛散量を、昨春の約3割、過去10年平均の3~4割の見込みと発表した。

 飛散開始日の予測は2月7~11日ごろと平年より1週間ほど早く、飛散花粉数が多い日数は20日程度と昨春の41日から半減する見通しとなっている。

 花粉量が少ない要因として、スギ・ヒノキ花粉の成長に影響を与える7、8月の日照量が、昨夏は首都圏で例年の6~8割に止まったことなどが要因という。

 都では2月1日から携帯電話サイトやテレホンサービスなどで花粉予報の提供を始める。

弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審-仙台高裁(時事通信)
低額宿泊所FIS 新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
<架空債権>50億円譲渡 破綻前、中堅消費者金融が2社に(毎日新聞)
<神戸・女性不明>供述通り遺体発見…遺棄容疑で男逮捕(毎日新聞)
小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
2010.01.2417:27

書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)

 書道の大御所、三蹟(さんせき)の一人で平安時代中期に活躍した藤原佐理(ふじわらのすけまさ)の書状「頭弁帖(とうのべんじょう)」が今秋、広島県福山市で初公開される。佐理の真筆6点のうちの1点で、現在の所有者(非公表)から寄贈を受ける同市のふくやま書道美術館が、特別展を企画する。

 同美術館によると、頭弁帖は縦31.1センチ、横48.7センチ。天皇に奏上した内容が届けられず、途中で握りつぶされたことを嘆き訴えたもので、誰にあてた手紙かは不明という。

 佐理が最晩年の55歳、998(長徳4)年に京都で執筆したと推定される。連続する字を一筆で書き連ねる「連綿体」と単独の字で構成する書風は、青壮年期の力強く奔放な書風から、落ち着いた趣に変ぼうを遂げ、成熟を表すものとして評価されている。

 佐理の真筆6点では「離洛帖」と「詩懐紙」が国宝として有名だが、頭弁帖は現行の文化財保護法制定前の旧法で国の重要美術品に指定。06年4月に現所有者から寄託を受けた同美術館が研究・調査を進めていた。

 昨年2月に調査した東京国立博物館学芸研究部の島谷弘幸部長は「流れるような書風と字の絶妙な空間配置に佐理ならではの美意識がうかがえる」と評価している。【豊田将志】

【関連ニュース】
国宝土偶展:「縄文のビーナス」も公開…東京で開幕
国宝土偶展:東京国立博物館で開会式
国宝土偶展:展示作業始まる 上野東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
まいまいクラブ:東京で「等伯」特別鑑賞会

三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
島の都議補選、民主・自民の大物が続々現地へ(読売新聞)
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 (産経新聞)
「厳粛に受け止め見守る」=石川議員逮捕で官房長官(時事通信)
<受験の危機管理>第3回 解答用紙に名前を書き忘れたら 科目のマークは忘れずに(毎日新聞)
2010.01.2311:20

インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂(読売新聞)

 愛知県の豊橋市歯科医師会からインプラント(人工歯根)を別人に再使用している疑いがあると指摘された同市の歯科医院の院長(39)が20日朝、同県田原市の自宅浴室で首から血を流し、倒れているのを妻(36)が見つけた。

 県警田原署などによると、院長は自殺を図ったとみられ、首の右側をメスで数センチ切って重傷を負い、病院で治療を受けているが、命に別条はないという。

 県や豊橋市保健所は同日、医院を立ち入り検査する予定で、19日夜に院長に連絡をしたという。この日の立ち入り検査は中止されたが、同保健所の藤岡正信所長は「歯科医師会の発表などで、医療法上、事実関係を調査する必要があると判断した。今後、さらに県と対応を協議したい」と述べた。

重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
【足利再審】菅家さん、机を蹴り怒り表す場面も(産経新聞)
「財宝発掘」ファンド業者に処分勧告=出資金ずさん管理-監視委(時事通信)
<女性殺害>72歳朝の散歩帰り 空き地で雪に埋まり 札幌(毎日新聞)
JR遮断棒折れ3.2万人影響(産経新聞)
2010.01.2215:52

サンショウウオもトラ、タイガーサラマンダー(読売新聞)

 三重県名張市の日本サンショウウオセンターで飼育されている、小型のサンショウウオ「タイガーサラマンダー」(トラフサンショウウオ科)が来館者の人気を集めている。

 今年は寅(とら)年でもあり、名前の由来になっているトラのようなしま模様が人気の秘密。同センターの山口和也管理所長は「ユニークなトラ柄に注目してほしい」と来館を呼びかけている。

 同センターではオオサンショウウオをはじめ9種類約60匹を飼育。北米大陸に生息するタイガーサラマンダーは5、6年前から1匹を育てており、現在体長は23センチ。黄色がかった薄茶色の全身に、頭からシッポの先まで黒っぽいしま模様が広がり、「タイガー」の呼び名にふさわしい模様を見せている。

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花-警察庁長官(時事通信)
<掘り出しニュース>辛くて噴火しちゃう?激辛ソース「赤岳大噴火」販売(毎日新聞)
センター追試972人に(時事通信)
元長崎市長 本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)
2010.01.2117:54

無登録で未公開株販売=不正1億7千万円か-投資会社元会長ら3人逮捕・愛知県警(時事通信)

 無登録で未公開株を販売していたとして、愛知県警中村署などは20日までに、金融商品取引法違反(無登録)の疑いで、名古屋市の投資会社「明凛」(解散)の元会長窪田千尋(63)=名古屋市千種区月見坂町=、元専務網谷誠二(62)=さいたま市桜区西堀=、元営業本部長徳永純博(58)=名古屋市中区栄=の各容疑者を逮捕した。
 同署によると、いずれも容疑を認めているという。押収した資料などから、同署は3人が2008年1月から8月ごろにかけ、計約1億7000万円分の未公開株を販売したとみており、裏付けを進めている。 

【関連ニュース】
投資会社を家宅捜索=全国で被害数億円か
ユニオン社前社長を起訴=架空増資事件
未公開株販売業者など捜索=数億円売り上げか
日立TOBでインサイダー=役員秘書の弟に課徴金勧告
元役員の親に課徴金=フタバ産業株のインサイダー取引で

部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
「大久保秘書に報告」=虚偽記載、石川議員が供述(時事通信)
雪上の足跡で発覚 体育館など放火未遂容疑の中学生2人逮捕(産経新聞)
特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 (産経新聞)
JAL「格安航空」に進出 再生支援機構が検討(J-CASTニュース)
2010.01.2100:03

<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)

 13日午後8時45分ごろ、群馬県安中市松井田町横川の無職、池田英幸さん(61)方から出火、木造平屋建て住宅約75平方メートルを全焼し、中央付近から1人の遺体が発見された。県警松井田署は連絡が取れなくなっている池田さんである可能性があるとみて、確認を急いでいる。池田さんは1人暮らしだった。現場はJR信越線横川駅から北に約2キロの住宅が点在する山あい。【沢田石洋史】

【関連ニュース】
火災:別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明
火災:大分県別府市の住宅密集地で アパートから出火
火災:父と兄弟?死亡 「助ける」小2長男引き返し 青森
不審火:県立高で運動用具など燃える 横浜
火災:住宅全焼 孫娘ら3人死亡 群馬・桐生

高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
大阪府市長会 府水協で再び統合議論を(産経新聞)
登呂遺跡の復元住居壊される(産経新聞)
和歌山県知事が学長選に「物言い」(産経新聞)
雑記帳 ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
2010.01.1913:06

インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ-北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は15日午前、新テロ対策特別措置法の期限切れに伴い、インド洋で給油活動を実施中の海上自衛隊に対し、任務の終結、撤収を命じた。一時中断を挟んで約8年続いた活動は、16日午前0時で幕を閉じる。
 2001年9月の米同時多発テロを受け、小泉純一郎首相(当時)は、アフガニスタンでの「テロとの戦い」を支援するため、自衛隊の海外派遣を決断。旧テロ特措法を成立させ、同年12月から現地での活動を開始した。
 07年11月には、参院で第1党になった民主党などの反対で同法の期限が切れ、活動が中断。新テロ特措法の成立で08年2月に再開したものの、09年9月に発足した鳩山政権は、民生分野への支援を重視し、活動を終結させる方針を示していた。 

「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
孤独死、昨年は62人=阪神大震災の復興住宅-兵庫(時事通信)
コンビニ強盗 景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ(毎日新聞)
文科相の団体「名ばかり事務所」経費6672万(読売新聞)
替え玉で免許証切り替え スリランカ人の男2人逮捕 警視庁(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。